クリニックの紹介当クリニックの設備について

クリニックの設備

当クリニックでは大学病院と同様の高性能の検査機器を用い、クオリティの高い検査を行います。

【MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像装置)】

  • mri

    当クリニックでは、ドイツ・シーメンス社製、高磁場強度1.5TのMRI装置を完備しています。「MAGNETOM ESSENZA Evo 1.5T」
    2018年2月の移転と同時に新規導入し、検査時間も高速となり、より高精細な画像診断が可能となりました。磁気と電波を使って身体の任意の断面画像を作成します。 当院のMRIガントリの長さはクラス最小の145cmのコンパクトサイズで、圧迫感を減少させ、患者さまの不安を和らげます

  • MRI検査について
  • 【CT(Computed Tomography : コンピュータ断層撮影装置)】

  • ct

    当クリニックでは、キヤノン(東芝)メディカル社製マルチスライスCT 「 Aquilion Lightning 」を導入しております。
    この装置は高速で回転し、短い時間で検査が可能なマルチスライスCTです。 2018年2月の移転と同時に新規導入しています。
    ガントリーは16列CTで最高クラスの780mm開口径であり、多様な検査に柔軟に対応可能で患者さまの圧迫感を軽減します。
    高精細の情報を得ることができるため、腹部や脳血管などの3D画像(立体再構成画像)を高精細に描写することが可能です。 X線の被爆も従来のCT装置に比べ、格段に低減されます。 X線で身体をらせん状に撮影し、コンピュータ処理をして横断面の画像を作成。短時間で高品質な検査が可能です。

    CT検査について
九州画像診断クリニック
  • 〒810-0073
  • 福岡市中央区舞鶴1-1-7 
    全労済モルティ天神ビル1階
  • TEL:092-737-4830
  • FAX:092-737-4831
  • 院長:古川 達也(放射線科専門医)

  • 外観